マイホーム設計でスペース節約の優先順位

夫婦の寝室は、小さくていいです。リビングルームの面積を削るよりも、夫婦の寝室を削る方が賢明です。また、クローゼットの奥行きもそこまで広くなくてもいいです。だいたいコートをかけて、クローゼットの扉に挟まることなくしまうことができれば、それでもう十分な奥行きだと思います。うちの実家はクローゼットの奥行きが無駄に広いので、使いづらいクローゼットになっています。それならば、クローゼットの奥行きは一般的なサイズにして、部屋の面積を広くした方がいいと思うんです。注文住宅で間取りを考えていますと、どうしても調整しなくてはならないことが出てくるんです。マイホームの予算内におさめるために、設備などのお金のこともそうですけれど、スペースのこともそうですよ。リビングルームやクローゼット、それに子供部屋など、希望通りの広さにおさめることが難しい場合もありますから、どこかしらの調整が必要となることもあるのです。その際に参考までに、「夫婦の寝室」「クローゼットの奥行き」はスペースを削る際に優先させておくことをオススメします。反対に面積を削らない方がいいところは、廊下や階段などの通路だと思います。そしてクローゼットも。広くする必要はないと思いますが、一般的な広さは保った方がいいところです。