キッチンの床下収納は不要だった

新築を作る時に、いろいろな設備をつけることがあります。これがあると便利だろうなと思って、付けることがありますね。しかしつけてみると、案外とそんなに使わないと思うことも。便利と思っても、使わない箇所もいくつかあります。また使っていても、年を取ると使わなくなるところもあるのです。その中でも特に使わなくなるのは、なんといっても高いところです。手を伸ばすことができなくなるので、そんな高いところに椅子を使って利用するのは怖くなります。そのため、使うことがなくなります。そして使わなくなるところとして、キッチン収納の床下です。床下は、いろいろなものを入れることができるので便利を思っていました。ところが最初は使うことがあったとしても、だんだんと使うことがなくなります。それはなんといっても、しゃがむことが辛くなるからです。膝が痛くなったりして、使うことはなくなりました。面倒なので、不要だったと思っています。