マイホームに太陽光パネルをつけるかどうか

一戸建てマイホームを建てる際には、太陽光パネルの設置は、ものすっごく考えました。けれども実家の向かいの家が、台風の日に太陽光パネルを飛ばしたことによって、私は太陽光パネル設置を思いとどもあったのです。実家の向かいに住んでいるお家が悪いとは言いませんよ。おばさんもおじさんも小さい頃から知っていますし、太陽光パネルを飛ばしたことについては、仕方がないなと思っています。うちの実家にお向かいさんの太陽光パネルが飛ばされてきて、車にぶつかったことについても、仕方がないなと思っています。本当に。ただ、実家で起こった「太陽光パネルが車に激突事件」からの話を聞いても、「うーん、うちは無理だな」と思ったのです。停電時のことなんかを考えますと、太陽光パネルは非常に魅力的です。けれど、太陽光パネルは初期導入費用もランニングコストも安くはないということを聞いて、それで結局あきらめたのです。長い目で見たら省エネ(節約)になるんですが、けれど生活に余裕があるわけではないわが家ですから目の前のお金が惜しいのです。それに、大型台風がきて太陽光パネルが壊れたことを考えたら、「裕福な家ではないうちには無理だなー」と感じてしまいました。ですからわが家は結局、太陽光パネルの導入を見送ったのです。リスクを考えると、そのリスクの際にポンと出せるお金もないので、わが家には無理かもなぁと思ったわけです。